« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月27日 (土)

ジバチとの戦い! (珍しく長編ブログ)

先日のブログにて蜂の子とり(ジバチ)の様子をご紹介しましたが、社長がまたジバチの巣を発見してきましたので、またジバチとりの様子をブログにアップしました。

Jibatinaga1 今回のは巣の入り口がこんなに大きいcatface大物が期待できます。ここは草刈が終ったばかりの場所です。作業中に刺されなくて良かったです。

数年前、同業者のⅠ社長が弊社によってくれた時、うちの社長に[草刈をしていたら腕がチクチクしてきて小石が飛んできて痛いのかなぁ~なんて思って腕を見たらジバチが刺していた] なんて話をしていました。

そこでうちの社長・・・「場所は何処ですか?」 後ろで話を聞いていた私は「え~!場所は気になるけどまず大丈夫ですか?が先でしょ~!」と思った記憶があります。 もちろん数日後にはⅠ社長を刺したジバチが私達のお腹の中にいた事は言うまでもありませんhappy02

話は戻りまして、今回見つけた大きい入り口の巣。 仕事も終った夜20:00、私は社長と2人 巣の前に居ました。通常ジバチは夜になるとみんな巣に帰り、入口には見張り番(門番?)の蜂が2~3匹待機しているのですが明かりを照らしても入口には誰もいません。

「あれ!?おかしいな」なんて思いながらもいつもの様に煙幕に点火し穴に入れフー!フー!と息を吹きつけ巣の中に煙を送り込みます。今回は入口の穴が大きかったので念の為、もう1本煙幕を使いフ~!フ~!dash

Jibatinaga2 Jibatinaga3 Jibatinaga4

よ~し掘ろう! この時は何とも言えないドキドキ感です。言うなればグリコのおまけの箱を開けるときの様な期待感なんです。

しかし掘ってみると・・・「あれっ!?何も無い!!」社長、昼間たくさん居たと言っていたのに・・・周辺も掘ってみるけど見つからない・・・入口の向かっていた方向に1m程行った所に木があり、木の下まで掘ってもまだ見つからないのです。

おかしいな・・・と諦めかけましたが念のためその木の周りも掘ってみてダメなら諦めよう。

スコップで木の周りを掘ってみたら「サクッ!」何とも柔らかい感触がありました。

「ここだ!」落ち込んでいた2人のテンションが一気に上がりましたup入口の穴から巣までこんなに遠いのは初めてでした。きっとこの土地の下にはすぐに軽石の層があったので横に穴を掘っていき木の根っこの下を通り入口や巣を作ったのかもしれません。

そこからは、スコップから鍬に持ち替え少しづつ掘っていきます。すると下から念願の巣が出てきました!

「やった~~!!」

「うん!?」

明かりを照らし良く見てみるといつもと様子が違いました・・・巣の中の成虫達が明らかに攻撃態勢を整えこちらを向いているのですwobbly ゾクッ

「こ・・・こんばんわ」 私達2人の4つの目と蜂たちの数十個の目が牽制しあう事、数秒・・・慌てて社長が持ってきていた濡れタオルを巣にかぶせました。

そうです!入口から巣までの距離がありすぎて2本の煙幕の煙が巣まで届いていなかったのですbearing 危なかった・・・

そうしてタオルの横から本日、3本目の煙幕を入れて・・・私達の完全勝利good

Jibatinaga5

今回は入口の大きさによる期待の割には小さかったです。。。

また根っこがたくさんある所に巣があったので巣の形もあまり綺麗ではなく掘り出すときにもボロボロと壊れてしまいました。

本日の成果はこちらですflair

Jibatinaga6 Jibatinaga7 Jibatinaga8

ジバチとりは蜂に襲われる心配もありますが他に、夜、林の中で煙幕に点火したり、スコップや鍬で穴を掘ったりしますので、もし蜂とりを知らない人がこの光景を見たら放火や死体遺棄とかに間違えられるんじゃないか?という心配もあったりしますcoldsweats02

ジバチとりにはくれぐれもお気をつけ下さいcatface

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

お弁当! 「ジバチの炊き込みご飯」

Jibati010 Jibati011

本日の社長のお弁当ですrestaurant 去年も同じような写真でブログでご紹介させて頂きました・・・・が!!決して写真は使いまわしではありませんcatface

本当にご飯だけでおかずはありません。もちろん私もいただきましたcatface

美味しかった~happy02

私にとっての最高の秋の味覚は間違いなくこの「蜂の子ご飯」です。

後はもう少しで栗も食べ頃かな~note

| | コメント (0)

2008年9月22日 (月)

ジバチ(黒スズメ蜂) 注:虫の嫌いな方は絶対に読まないでください!

来年、弊社にて分譲を予定している土地の現地打ち合わせに行きました。すると社長の目の前をブ~ンとジバチが通りがかりました・・・(なんと不運な蜂^^;)

もちろん目で蜂を追いかけジバチの巣を発見flair

翌日より土地の高低差などを計る為、草刈に入ってしまうので蜂の巣も草刈の人も危ない!(言い訳)

少し時期は早いが、チャンスは今晩しかないcatface うん!

そんな事で夜現地に集合!ジバチ取りを開始しましたup

Jibati001 Jibati002 Jibati003 Jibati004 Jibati005

今回の巣は昨年より大きかったですshine

家に帰って整理しました

Jibati006 Jibati007

合計で7段ありましたgood 段数としては良い方です。満足!

この後・・・巣の裏側を火であぶったり、巣の中から蜂の子をピンセットで1つずつ取り出すという地味な作業を1時間以上続け、どんな料理にもすぐ使える状態になります。うちではみんな「蜂の子ご飯」になるんですけどねcatface

Jibati008 Jibati009_2

| | コメント (4)

2008年9月18日 (木)

小鮒(コブナ)

Kobuna1 Kobuna2

佐久で鯉やさんをやっている、親戚にいただきました!小鮒(コブナ)です。いつもは甘露煮になっているのを頂くのですが、今回は生・・・!しかも大量!(袋の中で泳ぎまわっているcoldsweats02)最近、NEWSで報じられている、秋刀魚の豊漁の映像が頭に浮かびました。

社長が「これは元気だね~shine」 「新鮮だね~shine」ってとても喜んでましたcatface

私も今回は複雑だったので調理の写真は撮らないようにします・・・・

小鮒(コブナ)の甘露煮ってスーパーで缶詰で売ってますけど凄くお高いのですsign03私は頂く事が多かったので気がつきませんでしたけど・・・間違いなく、高級食材です。

白いご飯と一緒に食べると美味しいですよ。

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火)

豊作♪

Goya021 ゴーヤってたくさん成るんですね。1回の収穫でこんなに取れるんですよhappy02 この量を何回収穫したか・・・まるでキュウリです。似ているだけありますねup会社のみんなも持って帰りましたので、今年はゴーヤをたくさん食べたハズです。

ゴーヤの食べ方と言えば代表的な物は「ゴーヤチャンプル」本当にたくさん食べました。そしてまた私が大量に持って帰ってきたゴーヤをみて奥さんがインターネットでゴーヤ料理を調べ、チャンプらない!?ゴーヤ料理を作ってくれましたsign03

Goya022

イカリングではありません。「ゴーヤリング」ですscissorsこれ・・・美味かったです。オススメですrestaurant

| | コメント (0)

2008年9月11日 (木)

落ち鮎

昨日の水曜日(定休日)川に行きましたcardashせっかくのお休みなのに朝から社長が迎えに来ました。 一昨日は社長は1日中、自社のアパートの草刈をして相当疲れているはずなのに、もう元気一杯でした。

この時期の狙いはもちろん「落ち鮎」です。秋口になって身も大きくなり、おなかには卵がビッシリ・・・lovely投網期間の最後の集大成です。

早速川に着き投網を打つ!打つ!打つ! しかし入るのはハヤ(ウグイ)ばかり・・・しかし、網の中で明らかにハヤより綺麗なおなかがキラリと光りました。「お魚は泳いでいるときの縦ですと黒っぽくてよく見えないのですが、網の中に入り暴れ、横向きになったときにおなかがキラリshineその瞬間、網の上から手で掴むのです」

がっちり掴むと・・・この手触りは鮎だsign03やった~

Haya1

今日の成績は鮎3匹、ハヤ59匹。またイワナ、ヤマメは無しbearing

Haya2 これが鮎たちです。3匹といっても一番下のコイツは何?ちょっと上の2匹に比べて形がブサイクだゾ・・・でもなんか丸くて可愛い。私は捕まえた時から無意識に「社長」と言う名前をつけていました。

家に帰り、ハヤはから揚げに鮎は塩焼きにしてもらいました。

Haya3 Haya4_2

ハヤは塩焼きも美味しいのですが、から揚げもウマイです。鮎は「香魚」なんて呼ばれる位なので、やっぱり塩焼きsign01おなかの中にはもちろん卵も入っていましたhappy02

卵の写真少々グロテスクかもしれませんので苦手な方はクリックしないで下さい。

「社長」にも卵入っていました。モテモテだったのかもしれませんcatface

| | コメント (4)

2008年9月 9日 (火)

群雄割拠

実家のミョウガがドンドン出てきましたので、早速採りましたshine

Myoga1 Myoga2 Myoga3

ミョウガは毎年放っておいても、少しずつ生えるエリアを広げてきています。このままですと庭の中のミョウガエリアがドンドン大きくなってしまい、同じく毎年勢力を拡大しているフキノトウ(フキ)エリアにぶつかってしまいそうですwobbly この2つは秋と春で食べ時は別れておりますがエリアが重なった場合、共存出来るか今から少し心配です。

その他、守っていきたいと思い色々手助けしておりますが、フキノトウエリアに押され少しずつ勢力が縮小している福寿草エリア・・・・ミョウガエリアの中でもたくましく生き抜くウドエリア・・・

さながら実家の庭は勢力を争う戦国時代のようです。

話が相当おかしな方向にそれましたが、ミョウガはきざんで、お蕎麦や味噌汁・冷奴等、薬味みたいな使い方が美味しいですよねrestaurant

Myoga4

| | コメント (0)

2008年9月 7日 (日)

楓ヶ原分譲地。販売より1年が過ぎ思う事。

弊社が現在販売している「楓ヶ原分譲地」。

http://homepage2.nifty.com/sinkouf/nakakarukaede.html

この分譲地は弊社にとって計画の段階より大プロジェクトでした。区画の数はもちろんの事、他の土地よりグレードの良いものを作りたい。表面的な部分はもちろん。見えない部分までしっかり作りたい。オーナーの方が住みやすい分譲地とは?今、探されているお客様は軽井沢の土地に何を求めているのか?等々、本当にたくさん考えました・・・

特に軽井沢の大型分譲地では初めて採用した「地盤保証システム」

これも楓ヶ原の大きな安心と言う部分で非常に好感を持っていただきました。

それともう一つ「管理費」「修繕積立金」の年額2万3000円です。軽井沢町内の別荘地では管理費を頂いて管理している所もあるのですが、住居地域での管理はまだまだ珍しく、年間を通してそこに永住をされる方に受け入れて頂けるのか?など心配もありました。しかし管理があればさらに快適に住んでいただける・・・

お客様に納得していただける管理とは何だろう?それは金額と内容。と言う事で弊社の分譲地は管理費・修繕積立金としてオーナー様より頂く、年額23000円でいったいどんな管理や補修を行なうのかをすべて公表しております(明朗会計)。これだけの内容でこの金額はお得だと思います。雪かきまで随時行なうんですよ。弊社の目の前にある管理会社のアーデン軽井沢さんには本当に無理を聞いて頂きました。すいません。そしてありがとうございます。

1年を振り返って・・・当時、悩み、色々考えた事が良いかたちでオーナー様やお客様に喜んで頂けているようです。とても嬉しいですcatface これからも頑張るぞ!

気分は、「プロジェクトX」

心のバックミュージックは「地上の星」

| | コメント (0)

2008年9月 4日 (木)

ついに花咲きました。(完結編)

弊社のホームページから郵送で資料請求して頂いたお客様にプレゼントしております「花の種」と「ハーブの種」ですが、以前のブログで芽が出た所までご報告させていただきましたbud

その後、やっと花が咲きましたhappy01

Hananotane1 Hananotane2 Hananotane3

左から「まつばぼたん」「百日草」「バジル」です。あともう一つあった「マリーゴールド」も蕾を持っているのですぐに咲くと思います。

私は特に「まつばぼたん」が好きです。

Hananotane4

弊社がお送りしている花とハーブの種ですが、実験の結果、育つ確率は結構高そうですcatface

| | コメント (0)

2008年9月 2日 (火)

ゴーヤ いよいよ収穫!(完結編)

今までブログでご紹介してきましたゴーヤ、ついに収穫しましたhairsalon

Goyas1 Goyas2

Goyas3

こ~んなに大きくなりました。とにかく元気いっぱいで、まだまだ小さいゴーヤがたくさんなっているので当分の間ゴーヤを食べれそうです。今回で軽井沢でもゴーヤは育つ事がわかりました。 苗をくれた方にも胸を張って報告できますgood

枯れる事無く、無事収穫を迎えられ本当に良かったですcatface

Goyas4

これが昨日収穫したゴーヤですflair

Goyas5

早速、昨晩はゴーヤチャンプルを作ってもらいましたrestaurant本当に美味しかったですcatface

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »